ToB Ataraxia ANIMAL SKIN | トブ アタラクシア(とぶ あたらくしあ)アニマル別

【ステアハイド】

革では最も多く使用されポピュラーかつ代表的な革です。 生後3ヶ月から6ヶ月の間に去勢されて育っています。 生後2年以上経過しさらに太らせた雄牛からできる革のことです。 革の大きさは約畳2帖分にもなります。   

【カウハイド】

後の雌牛で、生後約2年経過している牛から出来る革のことです。 肌理が細かくステアハイドよりも革が薄いのが特徴です。 出産を経験した雌牛の為に腹部の革が柔らかく繊維組織がやや粗くなっています。

【カーフ】

後約6ヶ月までの仔牛から出来る革です。 成牛革(ステアハイド等)に比べ表面(吟面)の傷が極めて少ないため、牛革の中ではトップクラスの 高級品となっております。 また、繊細で丈夫な繊維組織から形成されている為に品やかで薄いのも特徴です。

【ベビーカーフ】

児から生後3ヶ月までの仔牛で植物タンニンで鞣される事が多い革です。 とても繊細で尚かつ光沢があり柔らかな風合いが特徴です。 また、厚みがおよそ1mmと非常に薄いのも特徴のひとつです。

【ハラコ】

児から生後間もない仔牛の毛皮のことで、日本語では「腹子」と書きます。
病気や流産などで死んだ雌牛のお腹にいた仔牛から採取されます。
1頭から取れる面積が小さいことや、他の革に比べて採取できる効率が悪いためにあまり出回ることはありません。
反面ハラコは人気がある為に、現在ではポニー・ディア・カーフの毛皮が世にハラコとして出回っている事が多いようです。

【キップ】

後約6ヶ月から2年くらいまでの牛からできる革です。中牛革とも呼ばれています。
特徴としては、カーフよりも強度があり、厚みも2mm〜3mm程になります。

【ブル】

後3年以上経過した雄牛で、去勢されずに育った繁殖用の牛から出来る革のことです。 去勢されていない雄牛は、気性が激しく喧嘩が絶えない為に、丈夫で革も厚みがありますが、キメが粗く表面(吟面)に傷が多いのが特徴です。

も一般的な革です。革靴に使用される革としては最大数量で、一般に成牛の背中から脇までの皮を使用します。
表面にエンボス加工を施すことにより、オーストリッチ・ワニ・ヘビなどの模造(俗に型押し)をする事が可能な万能な革です。
基本的に全て肉牛の皮で、牛革の性質は大判で厚く、繊維組織が比較的均一で充実していて強度及び耐久性があり、上記のような種類に分けられます。

【ホースハイド】

面(吟面)の繊維は牛革に比べて粗く、運動量も多いため傷が多く、上質な素材は高価で取引されています。 現在では少なくなっておりますが、1930年代の衣料に多く用いられていました。 首周りから前脚の周辺はフロントクォーターと呼ばれ、大判でありながら柔軟性も抜群なのでジャケットなどの衣料に加工されています。

【コードバン】

ードバンとは、主にスペインやフランス産の「シェル」と呼ばれる比較的大きな馬の尻部から採れる革のことです。サラブレット等の馬にはコードバンはありません。
この馬はかつて農耕用・食用として飼育されていましたが、現在では食用としてのみで極少数生産されているだけです。
馬一頭から取れるコードバンは僅かで、臀部の革の一部でしかないからです。その為にコードバンは“レザーの王”と呼ばれています。
馬の臀部の艶やかな表皮の下にコードバン層があります。皮の裏側を丁寧に削ってゆくと厚さ2mm足らずのコードバン層が現れて来ます。
コードバンは世界でも1ヶ月に数千頭分程度しか採れません。しかもお尻の部分は傷があることが多くその部分は避けなければならないので、お財布などに加工できる部分は馬一頭から極僅かしか採れませんので大変貴重な革です。

【ポニー】

ニー(PONY)とは、体高147cm以下の馬のことを指す総称です。 小型の大人の馬を指しており、子供の馬ではありません。 ポニーの毛皮は、便宜上ハラコと呼ばれることがあり、ハラコの代用品として用いられています。

革(horse leather)は、ホース・アニリンともいいます。
牛革に比べて厚みや強靱性では劣りますが、韌でスムーズな質感、さらには原皮が大きく柔軟性においては特に優れていますので、1940年代では米空軍のA-2フライトJKTやライダースJKTなどに使用されていました。現在では一般的に椅子張り等のインテリア製品やLeatherウエア、靴の内革などに多く使用されています。
繊維の密度が高い為、薄く加工しても軽くて丈夫で他の革と比較しても非常に軽く、BAGに用いれば軽快に持ち運びできます。
使えば使うほど味わいが増していくというナチュラルレザー共通の性質と、使い込んでもシワが残りにくいという馬革独特の性質を持ち合わせています。

【ディア】

ィアスキンとは、【メス鹿】から作られた革です。 湿気や水分を吸収しやすく、他の革には無い通気性の良さがあります。 なおかつ蒸れにくく匂いを防ぐ優れた性能を持つ鹿革は、 日本の気候には最適の革です

【セーム】

ーム革とは、鹿の表面(吟面)のみを使っていて、『アルカリ膨潤なめし』の後に、「鱈油で油なめし」を施した鹿革のことを言います。 厳密には、鹿革の種類の中でも「キョン」という種類の鹿から作られた革を『セーム革』、または、『シャミ革』、『シャミーレザー』と呼びます。 セーム革の特徴は「鱈油で油なめし」している為に水分の吸収性が高く、水が染み込みやすい所です。 セーム革に水を染み込ませても、他の革のように『ビショビショ&ガビガビ』になったりしません。 ビショビショに濡れてしまっても、乾く際に油分が抜けませんので、柔かい性質を保ちながら、ほぼ元通りになります。 汚れたら丸洗いできてしまうので、本当に珍しく環境に優しいエコロジーなレザーアイテムといえます。

【エルク】

ナダに住む大鹿やヘラジカの事をエルクスキンと言います。 ディア(小鹿)に比べ面積が2倍ほどの革です。 ディアと同じく湿気や水分を吸収し、他の革には無い通気性の良さがあります。 質感もディア(小鹿)と似ていますが、より厚みがあり丈夫です。

【バック】

鹿の革の表面(吟面)をバフ掛けして、ビロード状に起毛させた革の事をいいます。 牛や馬の革と比べて、鹿革のバックスキンは気持ちの良い独特なビロード状の肌触りで、軽くて水に強く、通気性にもたいへん優れています。 よく、革の裏面を使っているから、 バックスキン(BACK SKIN=裏革)だと勘違いしやすいですが、 『BUCK SKIN』は「オス鹿の革」という意味です。

【クードゥ】

変希少性が高く、アフリカの湿地に住む鹿の仲間です。 インパラなどに似て立派な角をもち、体表にはあまり毛がありません。 鞣すと独特の文様が現れますが、なにしろ希少ですので実物を目にする機会は非常に少ない革です。鹿の仲間ですので、柔らかいですが型崩れしにくい特徴です。

【カリブー】

米やロシアの北極圏に生息するトナカイのことです。 その革は撥水製が高くキズがつきにくく、耐久性にも優れています。 表面(吟面)には独特の凹凸があり、非常に独特な雰囲気をもっています。 鞣しに特別な技法を必要とする為、世界でも大変珍しい革です。。

気性・保温性・吸湿性にすぐれ、しなやかさ、柔らかさを持ちながら耐久性にも最も優れた皮革です。
又、適度な伸縮性がありとても丈夫なので、高級衣料品や高級バッグ・財布などの小物製品・高級靴から印伝染め製品などに使われ、さらに剣道具用品・弓道具用品、そして各種手袋などに幅広く使われております。
鹿皮セーム革としては吸湿性が高いことから、いろいろな物を拭いたり磨いたりするのに用いられています。
哺乳類・偶蹄目シカ科に分類され、小型の鹿から大型の鹿まで、世界中に約36種類の鹿が生息しています。
国内にも何種類かの鹿が生息していますが、現在使われている鹿革のほとんどは海外からの輸入品です。

【シャムワニ】

ピュラーなワニ革のひとつです。腹部の鱗の形状は長方形で、イリエワニに似ていますが、それよりやや大きめです。 頸から肛門にかけての鱗の横列の数は約30〜34列です。又、横腹の部分の鱗は、丸みのある形状をしています。 現在、商取引されている皮は、全て養殖によるもので、殆どタイ国から輸出されています。 シャムワニの後頭鱗板は、4〜6枚で1横列。頸鱗板は、ひとまとまりになっていて、大型の4枚が四角形に並び、その左右に小型の鱗板が、1 枚ずつ並んでいます。 背鱗板は、頸鱗板のかたまりから離れて、規則的に16〜17横列、殆どの個体で、6縦列となっています。

【イリエワニ(スモールクロコダイル)】

級皮革と呼ばれワニ革の代表格の革です(ヨーロッパではシンガポールワニとも呼ばれています)。 その中でも腹部の四角形(長方形)をした鱗が美麗に揃ったスモールスケールタイプクロコダイルは、ワニ革の中でも最高級品です。 腹の部分の頸から肛門にかけて、鱗の横列の数が約31〜35列あります。又、横腹の部分は、丸い形状の鱗です。イリエワニは、頸部の後頭鱗板が、殆ど見られません。 頸鱗板は、ひとまとまりになっており、大型の4枚が四角形に並び、その左右に小型の鱗板が、1 枚ずつ並んでいます。 背部の背鱗板は、クラウンのかたまりから大幅に離れたところから、規則正しく16〜17の横列、6〜7の縦列に並んでいます。

【ニューギニアワニ(ラージクロコダイル)】

本で最も多く使用されているワニ革です。 腹部の鱗は正方形に近く、鱗の大きさは、スモールスケールタイプより大きく、頸から肛門までの鱗の横列の数は約24〜32列あります。 ニューギニアワニの後頭鱗板は、大型のものが4〜6枚、横一列に並び、頸鱗板は、頸部中央に大型の4枚が、四角形に並びその左右に小さい鱗板が、1枚ずつ並んでいます。 背鱗板は、頸鱗板から離れてやや規則的に17横列、6〜10の縦列に並んでいます。

【ギュスターブ(ナイルクロコダイル)】

部の鱗は細かく、長方形の鱗板が腹部全体に整然と並んでいます。横腹の鱗は丸みのある長方形で、その巾は他の種類より狭いのが特徴です。 現在供給されている皮は、殆どが養殖のものです。後頭鱗板は、1横列で、4〜6枚の大型鱗板からなっています。頸鱗板は、ひとまとまりになっており、大型の4枚が四角形に並び、その左右に小形の鱗板が、1枚ずつ並んでいます。 背鱗板は、頸鱗板のかたまりから離れて、比較的規則正しく17〜18横列、8〜9縦列に並んでいます。

【ミシシッピーワニ(アリゲーター)】

シシッピーワニは全体に胴が長く、腹部の鱗の形状はクロコダイルに比べ、やや長めの長方形をしています。 頸から肛門までの鱗の横列数は 29〜34列あります。 養殖は、大規模に行われていますが、野生のものも毎年数量を定めて捕獲が許可されています。 アリゲーターの後頭鱗板は、2〜3横列に並び、各列にある鱗板の枚数は異なります。頸鱗板は、2横列に並び、各列とも鱗板は2枚ずつあり、このひとまとまりの頸鱗板の後方に、小型の鱗板が1対あります。 背鱗板は、頸鱗板のかたまりから離れて、規則正しく17〜18横列、8〜19縦列となっています。

【カイマンワニ】

ビラス、石ワニ、とも呼ばれています。 カイマン類の皮は、全体に骨質部が多く硬いため、利用されるのは主に骨質の無い顎から脇腹の部分で、これを通常サイド、テンガサイドと呼んでいます。 カイマンの後頭鱗板は、2横列で、各列とも大型の鱗板が6?8枚あります。頸鱗板は、ひとまとまりになって、 4横列あります。 最初の2横列は、4枚の大型鱗板からなり、後ろ側の2横列は、2枚の大型鱗板からなっています。 背鱗板は、頸鱗板のかたまりから離れて、規則正しく18〜19横列、8〜10の縦列となっています。。

虫類皮革の代表的なものがワニ革です。現在、世界中に生息しているワニは、3科9属23種と言われています。
使用する部分での名称では、肚(はら)ワニ・背ワニなどがあります。
肚ワニは背の部分を割き、腹(肚)部の鱗(腹鱗板)をいかしたタイプの革です。
背ワニはワニの肚(腹)の部分を割き、頸部から背部の凹凸(頸鱗板・背鱗板)を活かしたタイプの革です。
ワニの頭部を取り除いた、後頭部にあたるところに、"後頭鱗板"(こうとうりんばん)と呼ぶ隆起があり、続いて頸部に、"頸鱗板"(けいりんばん)と呼ぶ、特徴のある隆起があります。又、背の部分には、"背鱗板"(はいりんばん)と呼ばれる隆起があります。

【ピッグ】

本ではあまり知られていませんが 欧米では古くから高級皮革として扱われる珍重ピッグスキンとは豚革のことです。 豚革は耐摩耗性に優れ堅牢で、雨にも強い事が特徴です。 牛革はオイルが抜けると硬くなるのに比べ、豚革はしっかりとしており、少しの汚れならさっと拭くだけで落ちます。 とくに鞄には理想の素材といわれ、鞄通の間ではわざわざ豚革のものを探して購入するほどです。 日本の地方では豚皮がよく食べられるため、原皮も高品質なものが採れますが、日本国内で豚革はあまり人気がない為スエードやプリントに加工して独特の毛穴を目立たせなくる場合が多いです。

【チンギアーレ】

ンギアーレとはイタリア語でイノシシを意味し、レザー界ではヨーロッパ猪豚革(野豚)の革を指します。 ヨーロッパでは古くから使われており、一般的なピッグスキンよりも組織が緻密な高級皮革です。 古くから高級素材として知られてきた革で、一般的なピッグスキンに比べ組織が緻密で毛穴が目立たないのが特徴です。

【ベッカリー】

米に住むイノシシの仲間です。 ペッカリーは手袋を填めたままでもお札が数えられるほどの繊維組織の細かさが特徴です。 通気性・伸縮性に富み、濡れても硬くなりにくいという特性から、鞄や手袋の一流素材とされますが希少なため、一般的な豚革と較べると少々お値段が張るのが現状です。

【アメ豚】

ッグスキンの中でも良質な革の吟面(革の表面)に「亜麻仁油」を流しひいて特殊に加工されたものを「アメ豚」と呼びます。 艶のある美しいアメ色の革肌に仕上げた「アメ豚」革は、カーフスキンと並ぶほど、高級な革として取り扱われています。 また、渋なめしの豚革の表面を摩擦して光沢を出した物は主にバッグの裏革に使われ、アメ色の物がポピュラーですが、他に黒・焦げ茶・茶・緑など多彩な色があります。

面が摩擦に強く、丈夫な革。唯一の国産革素材で、海外にも広く輸出されています。裏面を起毛させることでスェードの素材としても多く利用されています。
また、タンニン鞣しにて加工することによって牛革と同様に経年変化を楽しめる革となります。
豚革は加工する技術が発達しており、海外有名ブランドでも多く使用されている国内生産の革です。
最近では柔らかく鞣して衣料革に使われたり、硬く半透明にして(生皮)ランプシェードなど工作用に使われることもあります。日本から輸出される数少ない革でもあります。
豚革の特徴としましては、豚革の表面が牛革に較べ、毛穴の間隔が大きく、毛穴が太いため、毛穴の目立った独特の模様になっています。
『∴』マークのように毛穴が見えるので見た目でも分かりやすいです。 豚革は、牛革に較べて、傷が多くなります。養豚場では、アブなどの虫がいるため、豚はそれらの虫に刺されて、かゆくて、柵などにこすりつけるためです。
その為、革は傷や治った傷跡が多いのです。また、傷を見えにくくするために、型押加工という方法により、革の表面をいろいろな模様に、変化させる方法も発達しています。

豚革は尻、頭、腹の部分の繊維の差が、牛革に較べて、大きくなります。
その為尻の部分は硬く、頭の部分は柔らかいという差が、牛革に較べ、激しいのです。使用する革の場所によって製品の表情が、多少、異なる場合がありますが、それが豚革の魅力の1つにもなりまます。

【モザイク】

像や、映像は小さなPixelの集まりです。そのPixelが一つ一つ集まり物事へと発展していく。ToB Ataraxiaも同様に一つ一つ、一人一人が集まり発展していきます、その原点とも言える事への帰還をTextileにする事で、ToB Ataraxiaの代表的な柄となっております。

【ネイティブ】

Native Americanである「インディアン」、「サモア人」、「ミクロネシア人」、「アレウト」、「ハワイ人」、「エスキモー」等より現代に引き継がれたTextileからインスピレーションを得て制作しております。

【フラワー】

Ataraxiaには「幸せ」という意味があり、ToB Ataraxiaと通ずる物に花があります。人を幸せに出来る花は枯れるから拒絶するかたも多いようです。Textileに施す事で、枯れる事なくお楽しみ頂けます。
アレンジされた花を是非ご覧下さい。

【ブロック】

の中には様々なブロックが散在しています。そのブロック達が点在されたらと疑問を持ちTextile化しました。

T .B.Aオリジナルテキスタイルや、手作業による革への加工になります。
デザイナー自ら一つ一つデザインし加工を行っております。
他には一切無いToB Ataraxiaの世界を存分にお楽しみ下さいませ。
ベースとなる革にはヌメ革を使用しております。牛・豚・馬・鹿のヌメ革をアイテム別に使い分ける事により最大限に素材を活かし、アイテムの耐久性を上げております。